Menu

作り方のポイント

試合

テーマを明確に

ユニホームはスポーツチームの衣装としてだけでなく、店舗の制服としてなど様々な場面で着用されます。統一感のあるユニホームを身につけることで、ともにスポーツをしたり働いたりするときの一体感を感じることができ、組織への帰属意識を高めることができます。また外部からはそのチームや組織のイメージを固めることにもつながります。飲食店などでは内装とユニホーム、店舗イメージの統一感がとれていると客は居心地の良さを覚えます。リピーター作りにも役立つ要素であるため、ユニホーム作りはこだわりをもって行う必要があります。ユニホームを作るときはまずデザインを考える必要があります。スポーツのものならばある程度ルールがあるので、そのルールについてきちんと抑えておきましょう。ルールからはずれていてはどんなにデザイン性や機能性があっても公式試合では着られません。ルールに基づいて、アレンジできる部分に着目しましょう。カラーや象徴となるようなモチーフは特にイメージを反映する上で重要なのでよく考える必要があります。飲食店ではデザイン性と機能性が重要です。特にこだわりのインテリアが売りの店ならば、ユニホームもそのイメージにそうようなものにする必要があります。店舗イメージやブランディングを意識して考えましょう。デザイン性だけに偏らず、乾きが早いかや動きやすいかなどの機能性も意識するとよいでしょう。こうしたポイントを明確にしてから業者選びを行い、具体的にしていくとスムーズです。

Copyright© 2018 会社のユニフォームを作ってもらおう【業者選びのコツとは】 All Rights Reserved.