Menu

サイズ感に注意

Tシャツ

作るときの注意点

オリジナルのユニフォームを作るとき、秋冬用として重宝するのがロングtシャツです。ロングtシャツは一般に長袖のシャツをさします。布面積が増える分一着あたりの単価は高くなることが多いですが、その分ユニフォームとして使える期間が長くなります。ロングtシャツでオリジナルユニフォームを作るときはサイズ感に注意する必要があります。ロングtシャツは大きすぎると袖が長すぎて使いにくいということになってしまいます。半袖tシャツならばそういった心配はあまり起こらず、大きめでも特に問題ないのですが、ロングtシャツの場合はあまり大きすぎると格好もよくないですし機能性にも支障がでてしまいます。できたら複数サイズを用意し、適切なサイズを着られるようにしておくのがおすすめです。また、tシャツ自体もメーカーによってサイズ感がかなり違います。特に注意すべきは海外のメーカーです。海外のメーカーは日本人と違う体格であることも多く、大きめに作られていることも多いです。そのため日本でのサイズをイメージして注文するとかなり大きさにずれがでることがありえます。たいていはサンプルが取り寄せられるのでサンプルで大きさの確認をするとよいでしょう。サンプルがなくても着用イメージや口コミなどを参照して大きさを確認しておくべきです。ロングtシャツだと袖のところにも印刷できることが多いのですが、その場合料金が高くなることもあります。印刷したいところをすべて確認してから見積もりを出してもらい比較検討するのがおすすめです。

Copyright© 2018 会社のユニフォームを作ってもらおう【業者選びのコツとは】 All Rights Reserved.