インプラントで見た目の良い歯を手に入れよう

魅力を知る

失った歯の代用品となるものには、いくつか種類があります。一般的なものでは、入れ歯や差し歯などがあります。これらとインプラントとの違いは、どこにあるのでしょうか。

インプラントが入れ歯や差し歯と違うところは、本物の歯にかなり近いものであるということです。入れ歯や差し歯は歯の代わりになるものですが、その機能は本物の歯に比べて大きく劣っています。
まず見た目ですが、入れ歯や差し歯は偽物の歯であることがわかりやすいですが、インプラントであれば偽物だとバレることがほとんどありません。インプラントだと言われるまではまずわからないでしょう。
見た目以外にも、咀嚼能率の高さがあげられます。咀嚼能率とは、ものを噛み砕く能力のことです。この咀嚼能率が本物の歯に近いほど、違和感なく食事ができます。インプラントの咀嚼能率は、本物の歯のおよそ80%。この数値は義歯としては圧倒的な数値で、最も本物の歯に近い義歯だといわれています。
また、違和感が少ないということも大きなメリットです。入れ歯や差し歯の場合、人工の歯を差し込んで固定することから違和感が強くなります。しかし、インプラントは埋め込んでしまうため、本物の歯と同じような感覚であり、違和感がありません。

こういった本物の歯に近いというメリット以外にも、健康的な歯を削らなくてもよく、歯の寿命を保てるというメリットもあります。これらのメリットがあるため、インプラントは効果的な治療法として人気があります。