インプラントで見た目の良い歯を手に入れよう

高価な手術

インプラントは数ある義歯の中でも最も本物の歯に近いとされ、人気が高い治療法です。ですが、インプラントに全くデメリットがないかというと、そういうわけではありません。そのデメリットのひとつが、手術にかかる費用です。

インプラントは入れ歯や差し歯といった義歯と違って、手術が必要になります。入れ歯や差し歯のように型をとってはめればいいというわけではないのです。そのため、費用は入れ歯や差し歯に比べてかなり高額になってしまいます。
まず、歯の状態を調べるための検査を行います。この検査の費用はインプラント治療費に含まれている場合もありますが、場合によっては10万円程度必要になることもあります。また、この検査によってインプラントを打てる骨がないことが発覚すれば、骨を作る手術も必要になり、状態によって数万円~数百万円かかります。治療後にもメンテナンスが必要となるため、1回に数千円~1万円程度必要です。このメンテナンスは、年に1~4回程度行われます。
施術だけでも費用が高いことがわかりますが、もうひとつインプラント治療を高額にしているのは必要なパーツの代金です。インプラントではフィクスチャーと呼ばれるネジと上部構造と呼ばれる人工の歯を使いますが、これらがそれぞれ10~30万円程度します。本物の歯に近づけようと思えばそれだけ高価な素材が必要になり、安い素材を使えば見た目が悪くなってインプラントのメリットが薄れてしまいます。
インプラント治療を受けるときは、費用についても確認しておきましょう。