インプラントで見た目の良い歯を手に入れよう

期間は異なる

インプラントは、歯の治療の中では治療期間が比較的短いものとしても知られています。インプラントの治療は、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。

まずインプラント特有の手術ですが、この手術時間はおよそ2時間程度とされています。インプラントには1回法・2回法という2種類の施術方法があって、それによって施術時間も変わりますが、概ねこのとおりとなります。また、インプラント自体の種類もいくつかあるため、それによっても若干時間が左右されることがあります。
次にインプラントの治療期間ですが、およそ3カ月~1年だとされています。インプラントの場合はネジを骨に打ち込むわけですが、ネジがしっかりと定着するまで人工の歯をはめることができません。このネジと骨がしっかりと結合するまでの期間が、およそ2カ月~6ヶ月とされています。この期間にかんしては、歯や骨の状態によっても変わります。下顎と上顎では上顎のほうが治療期間が長くなり、これは上顎の骨のほうが柔らかいからです。骨を新しく作る治療を行った場合は、これに加えて半年ほどの期間がかかります。

このように、インプラントの治療自体は比較的短い期間で済むことが多いものです。しかし、インプラントで大切なのはこの後に控えているメンテナンスです。このメンテナンス、実はいつまで続ければいいというゴールがなく、インプラントを行った以上は定期的なメンテナンスが必要になります。これを行わなければ治療が無駄になってしまうこともあるため、治療を行う前によく考えましょう。